レディ

行政書士の通信講座にかかる費用について!

確実に資格を取得する方法

婦人

試験を受けなくてすむ

保育士の資格を取得するには、大きく分けて2つの方法があります。すなわち、厚生労働省が指定した保育士養成課程のある学校を卒業する方法と都道府県が実施している保育士資格試験に合格する方法の2つです。このうち、厚生労働省が指定する保育士養成課程のある学校に入学する方法のメリットとして、保育士試験を受験する必要がないことがあげられます。保育士試験は筆記試験と実技試験が行われ、筆記試験では8教科9科目の学習が必要となります。これらの試験科目の学習にはたいへんな時間がかかり、受験生にとっては大きな負担です。試験の合格率は年によって異なりますが、例年15%から20%ほどの間で推移しており、年によっては合格率が10%ほどしかないときもあるほどです。1回の受験で合格することは難しく、合格者の大半が2回目、3回目の受験でやっと合格しています。しかし、厚生労働省が指定した養成課程のある学校に入学し、決められた単位を取得したうえで、学校を無事に卒業することができれば、難しい保育士資格試験を受けずに資格が取得できます。安全確実に資格を取得するなら、保育士養成課程のある学校への入学を検討してみる価値があります。保育士養成課程を設けている学校は、全国各地にたくさんあるため、入学できる学校を探すのも簡単です。都内だけでも70を超える4年制大学や短大、専門学校があります。国立や都道府県が運営している国公立、私立などさまざまな学校のなかから希望する学校を選ぶことができます。